« 「安藤忠雄展」@国立新美術館 | トップページ | 名フィル・コンサートwithサラ・オレイン@日本特殊陶業市民会館 »

岡幸二郎 ミュージカル・コンサート@中日劇場

 12月19日夜、「岡幸二郎in ミ ュージカル・コンサート」に中日劇場に出かけた。やっと手に入れた席は1階前方右端。
 メインの岡幸二郎は、6月の東海高中サタデープログラムのインタビュー・トーク以来5回目。
 ゲストの一路真輝は、7月の「キス・ミー・ケイト」以来14回目<”一路真輝”クロニクル参照>、和音美桜は、14年9月のミュージカル「レディ・ベス」(中日劇場)以来3回目、岩崎宏美は、14年9月のミニライブ(アスナル金山)以来4回目、石井一孝は13年4月の「トゥモロー・モーニング」(中日劇場)以来4回目、渡辺大輔は初めて。
 第一部は、「見果てぬ夢」(岡幸二郎)、「躍り明かそう」(和音美桜)、「ディス・イズ・ザ・モーメント」(渡辺大輔)、「愛する我が家をはなれて」(岩崎宏美)、「ONE」(岡幸二郎、石井一孝、和音美桜、渡辺大輔)などが歌われた。
 第二部は、『エリザベート』から、「愛とうつつの狭間に」(一路真輝)、「夜のボート」(一路真輝、岡幸二郎)、「私だけに」(一路真輝)、『オペラ座の怪人』から「ミュージック・オブ・ザ・ナイト」(岡幸二郎)、「オール・アイ・アスク・オブ・ユー」(和音美桜、渡辺大輔)、「ポイント・オブ・ノー・リターン」(石井一孝、和音美桜)、
『レミゼラブル』から、「夢やぶれて」(岩崎宏美)、「カフェ・ソング」(石井一孝)、「スターズ」(岡幸二郎)、「民衆の歌」(一路真輝以外の全員、コーラス)が歌われ、最後は一路真輝もテナルディエ夫人役で加わり、「ワン・デイ・モア」で締めた。
 一路真輝の圧倒的な歌唱に魅せられたが、トークは岩崎宏美がレミゼの思い出で、本田美奈子のファルセット歌唱の話をしたのが印象に残った。
 来年3月に閉館になる中日劇場は05年10月「モーツァルト!」から12年、25回目、これで最後。
 私の中日劇場ベスト公演は09年の「ミー&マイガール」かな。

|

« 「安藤忠雄展」@国立新美術館 | トップページ | 名フィル・コンサートwithサラ・オレイン@日本特殊陶業市民会館 »

コンサート・ライブ(ミュージカル系)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岡幸二郎 ミュージカル・コンサート@中日劇場:

« 「安藤忠雄展」@国立新美術館 | トップページ | 名フィル・コンサートwithサラ・オレイン@日本特殊陶業市民会館 »