« Jリーグ・グランパス対セレッソ戦(2018年5月)@パロマ瑞穂スタジアム | トップページ | 一路真輝ライブ@名古屋ブルーノート(2018年5月) »

映画「ラプラスの魔女」

5月5日午前、東野圭吾原作の映画「ラプラスの魔女」(監督:三池崇史)を見に行った。
硫化水素中毒による不審死を追うミステリー。事件を調査する地球化学の専門家・青江修介を櫻井翔が演じ、広瀬すず、福士蒼汰、玉木宏、豊川悦司、志田未来、佐藤江梨子ら豪華俳優陣が出演している。
 この映画では、櫻井翔より広瀬すずの方が圧倒的な存在感を示している。
 未来の決定性を論じる時に仮想された超越的存在の概念「ラプラスの悪魔」をテーマとしているが、映画ではサイキック的になってしまう。映画では紙ヒコーキや”月虹“がとても印象的。
 

|
|

« Jリーグ・グランパス対セレッソ戦(2018年5月)@パロマ瑞穂スタジアム | トップページ | 一路真輝ライブ@名古屋ブルーノート(2018年5月) »

映画(邦画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85605/66686003

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ラプラスの魔女」:

« Jリーグ・グランパス対セレッソ戦(2018年5月)@パロマ瑞穂スタジアム | トップページ | 一路真輝ライブ@名古屋ブルーノート(2018年5月) »