« 「ルーベンス展」@国立西洋美術館 | トップページ | 2018年の総括 »

映画「ボヘミアン・ラプソディ」

 12月24日午後、人気が高い映画「ボヘミアン・ラプソディ」をやっと観に行った。
 「クイーン」のボーカルで、1991年に45歳でこの世を去ったフレディ・マーキュリーを描いた伝記ドラマ。劇中の楽曲は主にフレディの歌声が使用されている。
「Bohemian Rhapsody」「We Will Rock You」などができた経緯やチャリティコンサート「ライブ・エイド」の圧巻のパフォーマンスを再現するとともに、華やかな活躍の裏側の知られざるストーリーを描いている。ラミ・マレックがフレディを熱演している。
休日のため、席はほぼ満席だったが、ラストの「We Are The Champions」などの歌唱以外はあまり印象に残らなかった。

|

« 「ルーベンス展」@国立西洋美術館 | トップページ | 2018年の総括 »

映画(洋画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ボヘミアン・ラプソディ」:

« 「ルーベンス展」@国立西洋美術館 | トップページ | 2018年の総括 »