« 2018年の総括 | トップページ | 山田姉妹コンサート@瑞穂文化小劇場 »

映画「輪違屋糸里」

1月9日、映画「輪違屋糸里 京女たちの幕末」を観に、久しぶりに名演小劇場に行った。
浅田次郎の新選組小説の映画化で、芹澤鴨暗殺事件を中心に初期の新選組に翻弄される男女の物語。何故かかなり遅れて公開された作品。
幕末の京都の花街で「島原輪違屋」に身を置く糸里を藤野涼子、糸里が恋心を抱く土方歳三を溝端淳平が演じている。その他、新妻聖子、松井玲奈、田畑智子、塚本高史、佐藤隆太、榎木孝明らが出演している。
お目当ての音羽太夫を演じる新妻聖子は、冒頭で芹澤鴨に無礼打ちされ、後は回想シーンのみ。もう1人のお目当ての松井玲奈は、心やさしい遊郭の女を好演していた。
でも、すつきりしないラストのせいか全体的に印象が薄い。

|

« 2018年の総括 | トップページ | 山田姉妹コンサート@瑞穂文化小劇場 »

映画(邦画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「輪違屋糸里」:

« 2018年の総括 | トップページ | 山田姉妹コンサート@瑞穂文化小劇場 »