« 2019年の総括 | トップページ | 岸田劉生展@名古屋市美術館 »

コートールド美術館展@愛知県美術館

Dsc_3113

 1月5日午前、「コートールド美術館展」に「愛知県美術館」に出かけた。

ロンドンの「コートールド美術館」が誇る印象派・ポスト印象派の絵画展。目玉の
マネ『フォリー=ベルジェールのバー』を始め、セザンヌ『カード遊びをする人々』、ゴッホ『花咲く桃の木々』、クロード・モネ『アンティーブ』、モディリアーニ『裸婦』、ルノワール『桟敷席』、ゴーガン『ネヴァーモア』、ドガ『舞台上の二人の踊り子』など名作揃い。

開場前から並んだので、独占的にゆったり鑑賞できた。テレビ番組で紹介されていたセザンヌ『キューピットの石膏像のある静物』、大好きなアンリ・ルソー『税関』、スーラが初めて全体を点描で描いたとされる『クールブヴォワの橋』が印象に残った。

|

« 2019年の総括 | トップページ | 岸田劉生展@名古屋市美術館 »

展覧会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2019年の総括 | トップページ | 岸田劉生展@名古屋市美術館 »