« 荻野目洋子ライブ@名古屋ブルーノート | トップページ | 「額縁のむこうの音楽」展@メナード美術館 »

映画「男と女 人生最良の日々」

 2月11日、映画「男と女 人生最良の日々」を観に、昨年移転した「伏見ミリオン座」に初めて行った。

 クロード・ルルーシュ監督の53年前の有名な恋愛映画『男と女』の続編で、二人のその後の人生を回顧する物語。

 曲は知っているが、前作は観ていない。満席だったが、シニアが大半。主演は当時と同じアヌーク・エーメとジャン=ルイ・トランティニャン。物語は夢と現実がクロスしつつ淡々と進み、特に感動はなく終わる。

|

« 荻野目洋子ライブ@名古屋ブルーノート | トップページ | 「額縁のむこうの音楽」展@メナード美術館 »

映画(洋画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 荻野目洋子ライブ@名古屋ブルーノート | トップページ | 「額縁のむこうの音楽」展@メナード美術館 »