« 「ブルーノート名古屋」休業 | トップページ | 中日対ヤクルト戦(2020年8月)@ナゴヤドーム »

「収蔵品展」@ヤマザキマザック美術館

7月23日午前、知り合いの関係でヤマザキマザック美術館(名古屋市東区)を訪れた。開館直後以来約10年ぶり2回目。

今回はコロナ禍で特別展が中止で、収蔵品展に変更されている。

ビルの5階に絵画、4階にガラス工芸品、家具などが展示されている。

絵画は、クールベ(「波・夕暮れにうねる海」)、ピサロ(「ルーマンの波止場」)、モネ(「アムステルダムの港」)、シスレー(「サン・マメのロワン運河」)、キスリング(「女性の肖像」「雉と鴨」)、マリー・ローランサン(「3人の若い女」)、モディリアーニ(「ポール・アレクサンドル博士の肖像」)、ピカソなど西洋絵画の巨匠の作品が数多く展示されている。

ガラス工芸品は、ティファニー(蜻蛉文ランプ)、ガレなどの作品が展示されている。

撮影可の作品があるのが嬉しい。

|

« 「ブルーノート名古屋」休業 | トップページ | 中日対ヤクルト戦(2020年8月)@ナゴヤドーム »

展覧会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ブルーノート名古屋」休業 | トップページ | 中日対ヤクルト戦(2020年8月)@ナゴヤドーム »