春野恵子浪曲ライブ@ナディアパーク

 5月3日夜、電波少年のケイコ先生から浪曲師になった春野恵子の浪曲ライブ「Roukyoku Rock You!2017」に名古屋市青少年文化センター(ナディアパーク)・第1スタジオに出かけた。浪曲を生で聞くのは初めて。
演目は、許嫁シリーズとのことで、前半は「天狗の女房」、後半は「阿波の踊り子」。
 春野恵子は声量たっぷりの迫力のある演技で、汗だくで熱演したが、演目の話が古いせいかイマイチ感動できなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

やくみつる講演@愛知サマーセミナー2016

 7月17日午後、03年以来毎年参加している「愛知サマーセミナー」2日目のやくみつる講演「やくみつるの秘境漫遊記」に東海学園高校(名古屋市天白区)に出かけた。
 会場が狭いため、満席で立ち見で一杯。
 やく氏の講演は09年のサマーセミナー(同朋高校)以来7年ぶり。
 講演は、漫画「やくみつるの秘境漫遊記」(15年12月読了)をもとに、インタビューに答える形で、ウクライナのチェルノブイリの観光地化、アラル海などのダーク・ツーリズム、ボリビアへの昆虫採集の新婚旅行、ファンタ・グレープの美味しさ、カダフィ独裁下のリビア、クリスマス島のカニなどの生物大発生などなど世界各国への旅行(主にツアー)体験談を面白くおかしく語った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ドラマ「愛おしくて」トークショー@椙山女学園大学

 1月30日午後、ネット応募で、NHK名古屋放送局イベントの『「愛おしくて」キャンパストーク』に椙山女学園大学・星丘キャンパス(名古屋市千種区)に出かけた。
 NHK名古屋放送局制作のドロドロ愛憎劇ドラマ「「愛おしくて」の出演者によるトーク・イベントで、池田伸子アナの司会で、田中麗奈秋吉久美子吉田栄作とチーフ・プロデューサーがトークを展開した。
 前半は、番組に関するテーマ・トークで、有松絞り、保護犬、ロケ地の多治見等について、楽しい話が展開した。
後半は、椙山女学園大学の学生らの愛・恋についての質問に答えていく内容で、結構シビアな質疑応答だった。
 秋吉久美子は毒舌や深いトーク連発でさすがの貫録を示し、初めて観た田中麗奈も話が上手で綺麗だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

新妻聖子&村上信夫朗読の会@電気文化会館 

 7月25日夕、新妻聖子&村上信夫朗読の会に電気文化会館イベントホール(名古屋市中区)に出かけた。
 これは昨年10月に台風で中止になったイベントの再演で、自由席のため、開演1時間前から並び正面右4列目を確保した。(朗読会のためか高齢者が多い)
 お目当ての新妻聖子は35回目<新妻聖子クロニクル参照>
 新妻聖子は細身のデニムと白のシャツに緑のカーディガン?を首に巻いて登場し、自身で選んだという絵本「わたしはあかねこ」を映像付きで立って朗読し、元NHKアナウンサー・村上信夫とトーク後、座って、絵本「ミサコの被爆ピアノ」を朗読し、「一本の鉛筆」を歌った。その後、再度、村上信夫とトークを行い、最後に村上信夫と二人で「哲学する赤ちゃん」を朗読した。トークも絵本、朗読の話を中心にグルメ(エスカの担々麺?)など多方面の話題が展開され、とても楽しかった。
 新妻聖子の朗読は初めて聴いたが、感情表現を抑えた読みはメリハリがあり、とても上手だった。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

山崎バニラ活弁会@レザンホール(塩尻市)

 6月21日、JR中央西線で塩尻駅まで遠征し、山崎バニラ活弁会「活弁大絵巻~愛しのなよなよ男子」を観に長野県塩尻市のレザンホール・中ホールに行った。(席は4列目中央)
山崎バニラは昨年3月の北勢市民会館の活弁会以来2回目。
 前半はいつもの金髪&着物姿で登場し、イントロの「活動写真いまむかし」を演じた後、大正琴、銅鑼に木魚を加えて、「雷電」を演じ、後半はカラフルな衣装で登場し、ピアノ語りで「キートンの蒸気船」を演じた。
 相撲コメディ―の「雷電」(監督:マキノ省三)はなかなか良かったが、それ以外は2回目のため、いささか印象が薄い。
 コンサート前に訪れたワイナリー(井筒、五一)で購入した塩尻ワインを土産に帰路についた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

石川梨華トークショー@愛知県芸文センター

 2月8日午後、愛知県の環境イベントの目玉である「石川梨華エコアクション・トークショー」に愛知県芸術文化センター12階のアートスペースAに出かけた。石川梨華は12年4月の演劇「細雪」(御園座)以来4回目。<“モーニング娘OG”クロニクル参照>
 草色のワンピースと白いカーディガン姿で登場した石川は女性司会者のインタビュー形式で、捨てられないエコ?ライフやネパール、ケニア、アルゼンチンでの体験を語ったが、特に印象に残る話がなかったのが残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

一路真輝トークショー@松坂屋

 3月18日午後、松坂屋美術館「宝塚歌劇100年展」のイベントである一路真輝トークショー(1回目)に松坂屋名古屋店南館オルガン広場に行った。(立見)
 一路真輝は2月のミュージカル「シャーロック ホームズ~アンダーソン家の秘密」@愛知県芸術劇場以来9回目。
 一路真輝はインタビュー形式で、宝塚を目指した理由、麻実れいのアドバイスで娘役から男役を目指した経緯、「シャーロック ホームズ~アンダーソン家の秘密」では説明的の歌が多く大変だったこと、これまで演じた歌は暗いものが多いこと、宝塚時代の最後の舞台 「エリザベート」トート役の思い等を語った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

山崎バニラ活弁会@北勢市民会館

3月16日午後、山崎バニラの活弁会を聴きに北勢市民会館・さくらホール(三重県いなべ市北勢町)に行った。
 数年前から一度観たいと思っていた“ヘリウムボイス” と呼ぶ独特の声を持つ山崎バニラが、「いなべ明るい映画祭り2014」のイベントで登場すると知り、やや遠いが出かけた。
 第1部は、サーモンピンクの着物と金髪カツラで登場し、まず自作動画「活動写真いまむかし」を演じた後、片岡千恵蔵主演「国士無双」(昭和7年、23分)を大正琴の弾き語りで演じた。
 第2部は、可愛らしいワンピースとベレー帽で登場し、バスター・キートン主演「キートンの蒸気船」1928年、68分)をピアノの弾き語りで演じた。
 観客は少なかったが、山崎バニラの情感溢れる生き生きした活弁を聴きながら、バスター・キートンのCGなしの熱演映像を観て感動した。
 名古屋から車で片道1時間半以上もかけて来た甲斐が十分にあった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ドラゴンズ岩瀬選手トークショー@神宮東中日ハウジングセンター

 Dscn23021月3日午後、「中日ドラゴンズ・岩瀬仁紀選手トークショー」を観に神宮東中日ハウジングセンター(名古屋市熱田区)へ出かけた。
 通算セーブ382の日本記録を持つ中日ドラゴンズ・岩瀬投手のトークショーで、屋外会場には300人以上の観客が集まった。ここは08年の立浪選手トークショー以来。
 トークは質問に答えるインタビュー形式で、苦手や得意の打者に対する心構えや引退後の夢などの話だったが、最後のクイズ大会で、岩瀬の通算打率を正確に回答したマニアの男性にびっくり。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

水野真紀朗読会@熱田神宮

  9月28日夜、熱田神宮の創祈祀1900年記念のイベントとして、熱田神宮・神楽殿前で語り舞台「日本神話への誘い」として「日本武尊(やまとたける)~白鳥となった皇子」が開催された。語り手は女優・水野真紀
 三種の神器の一つの草薙(くさなぎの)神剣が奉納されている熱田神宮と日本武尊との関係に関する日本神話を語る朗読会で、静かな熱田の杜でのヴァイオリン、キーボード、パーカッションの演奏による朗読会は効果的な照明と相まって、幻想的な雰囲気を十分堪能できた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧