山田姉妹ミニライブ@テラスウォーク一宮

10月5日午後、注目の双子ソプラノデュオ・山田姉妹のミニライブが愛知県一宮市の「テラスウォーク一宮」(1Fテラスコート)であった。席は最前列左。
 姉・山田華と妹・山田麗の姉妹は、あまり似ていない(ヒールで合わせているが、身長も5cm異なる)二卵性の双子で、共に有名音大の声楽科を卒業した実力派。
 今回は新CD「故郷 日本の愛唱歌Ⅰ」の発売記念で、まず、新CDから「故郷」、「浜辺の歌」、「小さい秋見みつけた」、「おかあさん」、「ねむの木の子守り歌」、「みかんの花咲く丘」を歌った後、由紀さおり・安田祥子姉妹と同じスキャット唱法で「トルコ行進曲」、「踊りあかそう」(マイフェア・レディ)を歌って、素晴らしいハーモニーを披露した。特に最後の「踊りあかそう」は、素晴らしく、聞き惚れた。
事後にはCDサイン会があった。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

名フィルコンサート@日本特殊陶業市民会館(2018年4月)

 4月3日夜、応募で当選した名フィル(指揮:小林研一郎)のコンサートに日本特殊陶業市民会館(名古屋市中区)・フォレストホールに出かけた。席は2階席最後列。
 前半は、チャイコフスキーの「花のワルツ」演奏の後、小林研一郎の娘でピアニスト小林亜矢乃を加えてラフマニノフの「バガニーニの主題による狂詩曲」を演奏、その後、小林亜矢乃のソロでショパン「ノクターン40番」を弾いた。後半は、チャイコフスキーの交響曲第5番ホ短調を演奏し、アンコールでは、マスカーニの「カヴァレリア・ルスティカーナ」を演奏した。
 スポンサー主体の演出で、演奏はグダグダだったが、無料コンサートだから仕方ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

吉田恭子ヴァイオリンリサイタル@宗次ホール(2017年)

2月3日夜、吉田恭子ヴァイオリンリサイタルに「宗次ホール」(名古屋市中区)に出かけた。(ピアノ伴奏は白石光隆、席は前方左端)
 吉田恭子は2010年のヴァイオリンリサイタル以来7年ぶり3回目。(宗次ホールは7回目)
 、吉田恭子は、前半は、青いドレスで登場し、ベートーヴェン「ヴァイオリン・ソナタ 第2番」、ブラームス「ヴァイオリン・ソナタ 第2番」を演奏し、後半は、赤いドレスで登場し、ヒナステラ「パンペアーナ 第1番」 、ショーソン「詩曲」 、ハンガリー狂詩曲 第2番」を演奏した。
 吉田恭子は相変わらず美しいが、今回も馴染みのない曲が多いせいか、空席が目立った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

名フィル・コンサートwithサラ・オレイン@日本特殊陶業市民会館

 12月21日夜、サラ・オレインが出演する名フィル・クリスマスコンサートに日本特殊陶業市民会館フォレストホールに出かけた。サラ・オレインは今年6月の名古屋ブルーノートライブ以来2回目。名フィル指揮は川瀬賢太郎。
 前半は、「メイン・タイトル」(スターウォーズ)、 「タラのテーマ」(風と共に去りぬ)、「レイダース・マーチ」(インディ・ジョーンズ)、「ロミオとジュリエット」、 「クリスマスフェスティヴァル」など名フィルによる映画音楽の演奏。
 後半は、サラ・オレインが登場し、「Little Doll」、「On My Own 」(英語版) 、「 大いなる世界」などを歌い、「 Animus」をバイオリン演奏し、中島みゆきの「糸」をピアノ演奏しながら歌った。
 アンコールでは、ムーミン映画の主題歌「ウインターワンダーランド」、「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」で締めた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

松下奈緒ライブ@「名古屋ブルーノート」(2017)

11月26日夜、松下奈緒ライブ(1st STAGE)に名古屋ブルーノートに出かけた。席は正面テーブル最前列右端。
 松下奈緒は、16年2月の名古屋ブルーノート・ライブ以来4回目。
 松下奈緒は、黒のスーツ、パンツで登場し、ドラム、ギター、ベース、バイオリン、サックス他、シンセサイザーの6名をバックに「wish」などを歌い、自身が出演しているテレビドラマ「トットちゃん」の話を中心にトークを展開し、その挿入曲「Lovin' You」や「Carnival Night」などをピアノ演奏した他、「ホワイトクリスマス」、「ジングルベル」などのクリスマスソングをメドレーで演奏した。
アンコールではグレーのドレスに着替え、「Jazz Chocolat」などを演奏した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

サラ・オレイン・ライブ@名古屋ブルーノート

 6月10日午後、サラ・オレイン・ライブに「名古屋ブルーノート」に出かけた。「1st Stage」で、席は正面中盤テーブル席左。
 黒いスリットのドレスで登場したサラ・オレインは、新アルバム「ANIMA」から「Little Doll 」(NHKドラマ 「お母さん、娘をやめていいですか?」主題歌)、「秋桜」、「Animus」、「Fantasy On Ice」などを歌ったり、バイオリンを奏でたりし、溢れる才能に圧倒された。伸びのある高音での歌唱力も素晴らしい。特に映画「ラ・ラ・ランド」の曲のピアノ→バイオリン→歌→ピアノの演奏には圧倒された。
 アンコールでは、「Glory」、「Bring The Snow」(ムーミン映画主題歌)、「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」を歌って締めた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

朴葵姫ギターコンサート

  1月26日夜、朴葵姫のギターコンサートに「HITOMIホール」(名古屋市千種区)に出かけた。
 前半は「禁じられた遊び(愛のロマンス)」、タレガ「アルハンブラの思い出」などよく知られた曲を演奏し、後半はブローウェルやアルバニスの曲を演奏した。アンコールはギター向けに編曲された「花は咲く」を演奏した。
 さすがトレモロの演奏は見事で、魅了された。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ウィーン・サロン・オーケストラ・コンサート@愛知県芸術劇場

 1月7日午後、今年のエンタメ始めで、ウィーン・サロン・オーケストラ・ニューイヤーコンサート2017に愛知県芸術劇場コンサートホールに出かけた。
 「ウィーン・サロン・オーケストラ」は、ウィーン・フォルクスオーパー管弦楽団のメンバーで構成された揮者なしオーケストラで、ソプラノ(ヘーゲ・グルターヴァ・チョン)、バリトン(セバスチャン・スーレ)にバレエ(ニコラ・マローヴァ、ミヒャエル・シュティーパ)も加えた華やかなコンサート。
 演目は、ヨハン・シュトラウスⅡのポルカ・シュネル「ハンガリー万歳」、「皇帝円舞曲」、オペレッタ「こうもり」より『序曲』やオッフェンバックのオペレッタ「天国と地獄」より『カンカン』、最後は、ヨハン・シュトラウスⅡのワルツ「美しく青きドナウ」で終わり、アンコールは、正月定番の「ラデツキー行進曲」で締めた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

石川綾子ライブ@名古屋ブルーノート

9月4日夕方、石川綾子のライブ(1st STAGE)に「名古屋ブルーノート」に出かけた。席は正面最前列テーブル左端。
 石川綾子は、16年1月の電気文化文化会館コンサート以来3回目。ブルーノート名古屋のライブは通算29回目。
今回のライブは『Devil's Tango』 がテーマで、石川綾子は赤紫のスパンコールのドレスで登場して、ピアノ、パーカッション、ウッドベースをバックに、「タンゴ・ジェラシー」、「ピグマリオン」、「エルチョクロ」、「銀河鉄道999」、「ひまわり」、「黒猫のタンゴ」、「ラブ・イズ・オーバー」、「ピエロ」、「脳漿炸裂ガール」、「PASSION」を華麗に演奏した。
アンコールは、「リベルタンゴ」で締めた。
今回も幅広いジャンルの曲を演奏したが、やっぱり激しい情熱的な演奏スタイルが魅力的。
両サイドには空席があったが、正面は熱心なファンが多く結構盛り上がった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

鈴木慶江コンサート@電気文化会館

 8月6日夜、「鈴木慶江~夏の夜の夢オペラ・コンサート」に電気文化会館・コンサートホールに出かけた。
鈴木慶江コンサートは、12年7月、しらかわホール・コンサート以来3回目。
鈴木慶江は、前半、水色のドレスで登場し、「春の声」(J・シュトラウスローマすうⅡⅡ)、「さくらさくら」、「荒城の月」、「浜辺の歌」、「私のお父さん」(プッチーニ)、「私は夢に生きたい」(グノー)を歌い、後半は黄色のドレスで登場し、客席にて「侯爵さま、あなたのようなお方は」(オペレッタ『こうもり』)、「アヴェ・マリア」(シューベルト)、「別れの曲」(ショパン)、「アヴェ・マリア」(カッチーニ)、「威風堂々~明日への讃歌」を歌い、アンコールでは、カラオケで「宇宙のファタジー」(アースウインド・ファイア)を熱唱し、最後は「グラナダ」で締めた。
 今回はトークも盛りだくさんで、歌も日本語が多く、とても親しみがあるが、やや格調に欠ける感があった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧